2018年3月1日から、SSLサーバ証明書の発行・再発行の仕様が、最大2年へ変更されます。

これは、CA/ブラウザフォーラム(インターネット上の安全なやり取りを維持するための団体)が、2018年3月1日以降に発行・再発行されるSSLサーバ証明書の有効期間を27ヶ月(更新時の有効期限延長サービスの最大3ヶ月を含む)へ短縮することを決定したためです。

再発行でも最大2年に限定されることに注意

今回の仕様変更は、再発行の際にも適用されることになりました。2018年3月1日以降、再発行手続きを行う際、有効期限が2年以上残っている場合でも、再発行される証明書の有効期限は、再発行の日から2年間に短縮されてしまいます。

ただし、2018年3月1日以降、再発行手続きを行わない限り、有効期限が短縮されることはありません。



Friday, January 5, 2018

« 戻る