2019年9月リリース予定のGoogle Chrome 77から、EV SSL証明書のアドレスバー表示が変更されるとの発表がありました。

これまでのGoogle Chromeは、アドレスバーの左端「EV証明書バッジ」内に、証明書が発行された会社名と国名が表示される仕様でした。

EV証明書バッジの表示例

Chrome 77以降は、アドレスバーの左端「EV証明書バッジ」内の会社名表示が削除されます。

鍵アイコンをクリックして表示されるポップアップ内で、EV SSL証明書発行先の会社名を確認できる仕様に変更されます。

Chrome 77以降の表示例

アドレスバーの会社名表示(EV証明書バッジ)の削除にあたり、Googleは以下の点を理由に挙げています。

  • EV証明書バッジは、貴重な画面領域を占有するデメリットがある。特にスマートフォンでその傾向が強い。
  • ブラウザが、特定のサイトに対して、安全な接続であることを積極表示すべきでない。どのサイトに対しても中立的な表示に徹するべきである。
  • EV SSL証明書の有用性を活用できるできるよう、ページ情報(ポップアップ)で、EV SSL証明書の証明内容を確認できるべきである。

なお、2019年10月リリース予定のFirefox 70でも同様の仕様変更が行われる予定です。



火曜日, 8月 13, 2019

« 戻る