CSR

  • 読み方 : しーえすあーる
  • 英語名 : Certificate Signing Request
  • 日本名 : 証明書署名要求

CSRとは、SSLサーバ証明書を申請するための署名要求(Certificate Signing Request)の略語で、SSLサーバ証明書取得のために、認証局へ提出する証明書要求ファイルのことです。
SSLサーバ証明書を導入するサーバで、作成します。

  • CSRは、「公開鍵」と「ウェブサーバの所有者情報(識別名)」などで構成されます。
  • ベリサインやジオトラストは認証(審査)後、CSRに電子署名をし、 SSLサーバ証明書として発行します。
  • CSRは、SSLサーバ証明書の取得に不可欠です。

CSRのサンプル

上のような暗号コードです。
「—–BIGIN CERTIFICATE REQUEST—–」
「—–END CERTIFICATE REQUEST—–」
上の2行もCSRに含まれます。
この2行が含まれていない場合、申請できません。
「—–BIGIN CERTIFICATE REQUEST—–」のフレーズはサーバにより若干異なることがあります。